Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kmandolino.blog101.fc2.com/tb.php/237-33be734e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

11月9日(水)練習 (駒ヶ根文化会館リハ室)

定期演奏会まであと10日、今年もついに魔の文化会館リハ室での打楽器合わせが始まりました。音が全く響かないこの会場での練習は、毎年演奏会前にいい緊張感を感じさせてくれます。
本日は打楽器賛助で毎年お世話になっているJUGGBEATの皆さんのほか、オーボエの賛助の方にも練習に来ていただくことができました。オーボエの入った「シベリア狂詩曲」は珍しいと思うので(これが編曲通りの編成ですが...)、今から本番が楽しみです。
練習は、シベリア狂詩曲、真田丸、トレピックプレリュードの打楽器合わせがメイン。どの曲もパーカスが入ったことにより雰囲気が変化してきました。特に真田丸は原曲の緊張感が出てきて面白い仕上がりになりそうです。今週末の集中練習で本番に不安が残らないようにしたいものです。

さて、話は変わりますが、先週末の日曜日(11/6)に、われらが指揮者T先生が顧問を務められている上伊那農業高校吹奏楽部の定期演奏会に足を運んでみました。寸劇あり、OBOGステージあり、農産物抽選会あり、卒部式ありと盛りだくさんのステージで、聞いたことがある曲も多く、とても楽しい演奏会でした。
私は吹奏楽は素人ですが、この日の演奏会のために生徒さんたちが一生懸命練習や準備を重ねてきたことは演奏を通して十分伝わってきました。と同時に、これだけの曲数の指導を部活動でこなしながら、マンドリーノの指揮者も引き受けてくださるT先生には改めて頭が下がる思いです。
マンドリーノも定演まであと少し。「弾けた」「弾けなかった」とかではなく、本番までに自分ができることを一生懸命やって、演奏会後に出演者みんなが「自分なりにやりきった!」と思うことができれば、今年の演奏会も成功だったと胸を張って言えるのではないでしょうか。
高校生の純粋な演奏に触れて、毎日ひたむきに楽器の練習をしていた学生時代を思い出した1stの選曲係でした。

 

image1

 

image2

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kmandolino.blog101.fc2.com/tb.php/237-33be734e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。