Entries

6月13日(水)練習 (赤穂公民館)

こんにちは!ベースパートのまりしぇです♪


ここ数週間、水曜日はここぞとばかりに雨でしたが、久々の晴れでしたね!
(ほんと、メンバー内に誰か雨女がいるんじゃないですか…?いや、私じゃないですよ)
この日の練習は、まず最初に今度更埴で行われるマンドリニストの集いでの全体合奏曲「細川ガラシャ」を景気づけにバリバリと!
実は私、この業界入って「ガラシャ」弾くのって、今回初めての機会だったんです。すごく意外!ってよく言われるんですけどね。マンドリン界ではかなり有名曲ですし、弾く機会も結構多い曲の一つだと思いますし。
後半部分ベースパートは、ほんっっっと難しい(というか超めんどくさい)指のポジション取りになってまして、本番まで時間ないし、もーーーう!!って感じなんですが、初めて弾くというのを言い訳にしないで、本番ぎりぎりまで頑張って練習に励もうと思います。


その後、同じく集いでマンドリーノの持ち曲として演奏する「童謡集」と「タマシイレボリューション」を練習しました。
「童謡集」は去年定演でもやったので問題ないとして、「タマシイレボリューション」は、うん…もうベースパートは、曲の半分もいってないのに過労で死にそうになるね…。
指がいつ飛んでもおかしくないです、ほんと。好きな曲だし、格好良く弾きたいけど、本番これで指がダメになって、ガラシャを全く弾けなくなるとう恐怖と真剣に戦わないといけないかもしれません…。いや、頑張るぞ。
 
練習後半は、定演選曲候補曲の中から「狂詩曲海」と「西郷どんテーマ曲」を。
個人的には先ほどの「ガラシャ」と同じ作曲者、鈴木静一の「狂詩曲海」すごく好きです。
これもまた今までに弾いたことない曲ですが、演奏会で聞いたりして、やってみたいな~と思っていたので、今回選曲に出てて、おっ!と思いました。選曲に出してくれた方、ありがとうございます。
「西郷どん」、大河ドラマ今回私は見てないんですが、オープニング曲がなかなか良かったので、選曲に出させていただきました!
私は今回音だしは初めてでしたが、なかなかいい感じでしたよ!!選ばれるかな?!


さて、今年はどんな定演になるのか、どうぞお楽しみに!!

6月6日(水)練習 (赤穂公民館)

今週の活動報告です。
今週は

ダマシイレボリューション
西郷どん
カルメン組曲より間奏曲、終曲
交響的前奏曲
の練習をしました。どの曲も聞き覚えのある曲で、耳に記憶されてる曲というのは安心して合奏できますね。タマシイレボリューションは本番が今月末とあり、ギターは左手が疲れますが気合いも入ってきています。
個人的には西郷どんが良かったなあと思いました。大河ドラマや朝ドラのテーマ曲はテレビを見ていなくても誰でも知ってる、曲なので気持ちを入れやすいです。
来週は三部の曲を中心に練習するようです。


昨日6日から梅雨に入りましたね。体調を崩さないように、風邪などひかないようにきをつけましょう。
今週はギターパート、M(o^^o)でした。

 

image1

image2

5月30日(水)練習 (赤穂公民館)

image1

5月23日(水)練習 (赤穂公民館)

今週の活動日記、少し遅くなってしまいました。
     今週は、沢田さんからもメールがあったように、マンドリニストの集いでやる「細川ガラシャ」のほか、「タマシイレボリューション」と遊びで「ローマトリノ」「BILEIVE」を演奏しました。
「タマシイレボリューション」はご存じのノリノリの曲で、1stがけっこう難しく、全体にシンコペーションが多くて合わせにくいのですが、そこはさすがにマンドリーノ、最初から見事な合奏となりました。
     細川ガラシャは何度も演奏したマンドリーノお得意のナンバーで、いつでもステージにたてますね。
     ローマトリノは確か第2回か3回くらいの定期演奏会で演奏した曲で、鉄道トンネルの開通記念に作曲されたものです。SLが音を立てて走るのを描写した場面も出てきます。
     あと1曲の「BElEVE」 の合奏は難なくこなして、充実した練習となりました。
     定期演奏会の候補曲もいくつか出てきました。中には「詩人と農夫」や「軽騎兵序曲」のように楽譜を探しているものもあります。ご協力を!
    私も候補曲の「信濃の国」(尾関美和子さんからいただきました)と「西郷どん」そして晶子さんからリクエストのあった曲(諸事情で作品名を出しません。曲名はマイボックスを見てください。演奏権は弥生ヶ丘高校にあります)をアップしておきました。
今後選曲用にご利用ください。
     以上今週の当番、ドラパートでした。

image1

image2

image1 (1)

image2

5月16日(水)練習 (赤穂公民館)

本日は2回目の練習でした。
前回に比べ参加人数は少なかったですが、今年初めてのメンバーも何人か来てくれました。
前回に引き続き、来月行われる更埴のマンドリン二ストの集いに向けて練習をしました。
細川ガラシャ、童謡集の他に数年前の演奏会で演奏したアニーローリー、去年候補曲に上がったビリーブ、プレリュード2などをやりました。ビリーブは昔NHKでやっていた「いきもの地球紀行」のテーマソングです。学校の卒業式等でも歌われていたそうで、あちこちから懐かしいとの声が。
 
マンドリーノ独自のステージで演奏する曲の一曲は童謡集に決定していますが、もう一曲を何にするかということで…今日弾いてみた中では、アニーローリーだと少しダレてしまう感じがしました。ビリーブが割といいのでは?という意見が上がりました。
 
最近急に暑くなりましたね。
体調には気をつけて今年も演奏を楽しんでいきましょう♪
今回の担当は2ndでした(^ ^)

image1

 

image2

5月9日(水)今年度初の練習 (赤穂公民館)

平成30年度の“駒ヶ根マンドリーノ”始動です!

弾き初めは……ナント!…鈴木静一作曲『細川ガラシャ』でした。6月に行われる長野県マンドリニストの集いで他団体と一緒に合奏する曲となります。
準備運動をせずに、いきなりガラシャでの指慣らしとなり、正直『やっぱり忘れてるなぁ~』と(笑)
参加人数は、1st 3人、2nd 4人、ドラ 1人、セロ 2人、ギター 2人、ベース 1人に、事情により(笑)部長が指揮をしてくれて14人でのスタート。
ガラシャの後、またガラシャ、そして童謡集を弾いて、またガラシャが本日のメニューとなりました。

最後に、今年の演奏会の構成を話し合いました。
昨年の2部アンサンブルがお客様にも好評だったのと、休部しているメンバーも一曲だけと気軽に参加できるのが良かったため、もう一度やってみよう!と言うことに。その年の事情により参加の仕方を選べるので、細く長く続けたい気持ちを形にする事ができますね。多くの部員が無理なく参加できるといいなぁと思います。
1部はポップスなどでオーケストラ編成が合う曲、2部はアンサンブル、3部はマンドリンオリジナルって感じでしょうか?
また早い段階で曲を決定して弾きこなす時間が欲しいとの意見も出ました。

部員もそれぞれ家庭を持ったり、家族が増えたり、仕事が忙しい等マンドリーノにかける時間に制約があります。
選曲はハギーが引き続きまとめ役を引き受けてくれましたが、負担軽減も含めて、練習時間内に出席した人で流れを決めていく方向に。今までより少しラフな形をとり、メンバーが楽しんで続けていけるようにしたいと思います。

もちろん遠方の方などメールにて希望を受け付けますので、積極的に選曲にも参加して下さいね。
楽譜があって共有ボックスにアップしていただけると有難いです。
今のところ軽騎兵、詩人と農夫、プレ2、交響的前奏曲、杜1…こんな声が…聞かれました。

では、今年は役への負担を軽くして、皆んなでワイワイ楽しんでステージを創り上げていけるといいなと感じます。よろしくお願いします。

担当は1st   i  (*´∀`)♪でした

image1

 

image2

2月11日(日)伊那弥生ヶ丘高校器楽クラブ定期演奏会 (いなっせホール)

寒い日々が続いていますが、お元気ですか?
冬眠中の大イベント終了!報告します^_^
   ★★★★★★♫★★★♭★★★♯★★★★★

伊那弥生ヶ丘高校器楽クラブの定期演奏会に、駒ヶ根マンドリーノより8人参加しました。

今回は第10回のため記念特別企画が2つ。
まずは旧顧問の薄井先生、現顧問の井上先生、マンドリーノの丸田部長がチャルダス(モンティ作曲)を演奏。さすが息の合った演奏に拍手喝采!会場からは『長くやってらっしゃる方は違いますね。』との声も聞かれました。
次の特別企画は弥生の現役生の他、3年生とOG.OBも参加して千曲川、エーデルワイスを演奏。マンドリーノからは3人が参加しました。

駒ヶ根マンドリーノとの合同演奏は“グランドシャコンヌ”(藤掛廣幸作曲)でした。合奏回数があまりとれない中、まだまだ課題が残りましたが、井上先生ワールド満載の指揮に和み、高校生に助けられながら演奏できました。
アンコールはペールギュント第一組曲より“アニトラの踊り”。トライアングルたたきながら指揮する井上先生が笑いをとりながらも、難しかしい曲でしたね。

ところで、皆さんは何をきっかけに楽器を弾き始めましたか?
私は、弥生に入学して間もなく、クラブ勧誘を兼ねた「新入生歓迎会」で聴いたマンドリンの音色です。初めて聴いたマンドリンの合奏に、身体中に電流が走りました。
今日は高校生がアンサンブルで顔を見合わせながら楽しそうに弾いている姿を見ながら、その事を想い出して、ちょっと涙ぐんでしまいました。
あれから“良いメンバーと出逢って、こんなに長く好きな音色に囲まれていられるのは幸せだなぁ。”って思います。

本日は顧問の井上先生、出演された皆さん、お疲れ様でした。また皆んなで楽しく集まれるよう“春”になるのを心待ちにしています。

ふぁーすと   iでした(*´∀`)♪

image1

 

image2

 

image1 (1)

1月28日(土)伊那弥生ヶ丘高校定期演奏会練習 (伊那弥生ヶ丘高校)

冬眠中の駒ヶ根マンドリーノですが、今年は本当に寒いですね。皆さん、お元気ですか?
本年もよろしくお願いします^_^

さて、伊那弥生ヶ丘高校の定期演奏会へのお誘いがあったので、こたつでゴロゴロしているより若い人達の中で脳トレしよう!と練習に行きました。

参加した理由は、ずばり『グランドシャコンヌ』を弾きたかったから。この曲は駒ヶ根でも定期演奏会で何度か演奏していますが、私は17回に弾いて、25回の時は東京に住んでいたので参加できず、20年ぶりのグラシャコです。

一応、音とりして他団体の合奏に合わせて弾いてみたりしたのですが“こんなに難しかった?”とリズムが大変だったり、他のパートと全然違う動きをしていて…アレ??…何度も迷子になりながら指慣らし。置いてきぼりにならないよう思い出して出掛けました。

高校生は楽譜が配られてから、まだ日が浅いそうですが、毎日練習されているせいか、さすが!しっかり指が入ってますね。
合奏は何箇所か苦戦しながらでしたが、井上先生の指揮に合わせて何度も何度も繰り返し、帰る頃には少しずつ形が出来上がってきました。

やっぱり弾きごたえがあり、かつ聴きごたえがある曲って良いですね。楽しかったぁ(*´∇`*)
まだ弾けない部分は本番迷惑かけないよう練習しておきます。(高校生の中に入ると、こんな謙虚な気持ちになれます…)

今のところマンドリーノからは8人が参加予定。
そして耳寄り情報!弥生の現在の顧問、井上先生と元顧問の薄井先生、そしてマンドリーノ丸田部長の共演があるそうです(*´∀`)♪お楽しみに。

弥生OGのiでした。

image1

 

image2

11月26日(日)駒ヶ根市民音楽会 (駒ヶ根市文化会館大ホール)

定期演奏会も終了し、まもなく冬眠に入るマンドリーノですが、その前にもう一つ演奏会がありました。
駒ヶ根市民音楽祭。
市内の器楽団体、合唱団体が一堂に会する音楽祭で、なんと今年で58年目!

マンドリーノの出番は珍しく午前、4番手での演奏でした。9名で奏でる「千曲川」と「青い山脈」で今年の弾き納め。綺麗に演奏出来ました。

皆さま、また来春お会いしましょう!!


あ、でも部内では12月、1月と立て続けに飲み会の計画があるようです。過ぎ行く2017年に、そして来るべき2018年に、乾杯!!

 

DSC_0403

11月18日(土)第38回定期演奏会 (駒ヶ根市文化会館大ホール)

第38回の定期演奏会、約400名のお客様にお越しいただき、盛況のうちに終了することができました。足を運んでくださったお客様、頑張ってくれたスタッフに厚く御礼申し上げます。


指揮の谷口先生からは、「練習で不安があっても本番にきっちりまとめてくるのがマンドリーノ」と毎年おっしゃっていただいていますが、今年は本当に本番がいちばんいい演奏だったと思います。最初からいい音、そして最後まで集中力のある演奏が出来ました。

たいへんな想いもたくさんするけど、やはり演奏会は楽しいです。
また来年も皆様方にお会いできますように!!
2018年11月23日(金・祝)、駒ヶ根市文化会館大ホールにてお待ちしています。
本当に有難うございました。


よろしければ映像もご覧ください。↓
第1部クラシカルステージ
https://youtu.be/yGgTSB5hPXc
第2部アンサンブルステージ
https://youtu.be/Q_noKqPp-BQ
第3部
マンドリンオリジナル・ステージ
https://youtu.be/2IC—YFQs8Y


駒ヶ根マンドリーノ 代表・丸田 卓

 

image2

image1