Entries

11月3日(木)こころの医療センター駒ヶ根 開設60周年記念式典

毎年お招きいただいている“ここ駒祭”ですが、本年は開設60周年記念式典のトークショー前のアトラクションで弾かせていただきました。式典の合間のざわざわとした中での演奏かしら?と思いきや、来賓の方々がしっかりと聴いて下さいました。

演奏は 11名で『あまちゃん』『花は咲く』『川の流れのように』『365日の紙飛行機』『信濃の国』とM部長の気まぐれトーク付き本日限定バージョンで演奏しました。何しろ集合してから、楽譜の確認をして、どの曲をどう弾くか決めて~本番までどうなるか?!(◎_◎;)バタバタでしたが、このメンバーたいしたものです!体育館で他のパートの音が聞きづらい中でも、阿吽の呼吸で楽しく乗り切りました。
多少のズレはあったかも?ですが…皆んな一緒に弾く事が楽しくて仕方がない(๑>◡<๑)!そんな演奏だったのではないでしょうか。

定期演奏会まで後二週間ですね。
急に寒くなり、仕事や家庭、学校などとの両立で大変ですが、体調管理をしっかりして、残りの時間を楽しみましょうね╰(*´︶`*)╯♡


image1

 

image2

11月2日(水)練習 (赤穂公民館)

image1

image2

image1 (1)

10月30日(日)練習 (心の医療センター体育館)

image1

image2

 

課外活動です!

IMG_2008

10月28日(金)練習 (くぬぎの杜)

谷口先生が復帰。

今日は全体の流れを掴むべく、主に通し稽古をしました。曲順に沿って全曲。

休憩を入れるとやはり2時間弱かかります。18:30開演の演奏会ですので、終演は20:15頃でしょうか。

くぬぎの杜は音が響くので、なんだかとっても上手くなった気がして快適です。でも騙されてはいけません。音の乱れはたくさんあります。これからが勝負です!

!cid_82313D4A-CFAD-462B-8D6B-DDD7C4976DBE

!cid_CC324B6E-645D-4EE8-A1CA-6FB03DF3EB23

!cid_40A6D21C-0253-442B-B7A2-8C1246674D7B

10月26日(水)練習 その2

残念ながら、谷口先生は風邪でダウン。
M君とH君で練習をみましたが、ここで役だったのが、たまたま先日見学した、市民吹奏楽団の練習。指揮者が登壇するまでの基礎練習で、メトロノームを拡声してリズムを合わせていたのです!
これは使える!

早速今日、やってみました。メトロノームをアンプに接続していざスタート。真田丸や365日、ひまわりなど、ともするとテンポが乱れる曲をメトロノームで矯正しながらの演奏。
効果てきめんです。
演奏者、というより練習係にとって便利。
テンポキープに気をとられずに、演奏指示に集中することが出来ました。

先生がいない際には、圧倒的に権限を持つメトロノーム。曲を押さえつけてしまう面もありますが、基礎練習にはやはり欠かせません。
そして何より、練習係の負担軽減になるならグッドです。

来年からは練習前の五分間に、音出し練習も取り入れたいですね。単純循環ハーモニーを演奏しながら、ピッチの確認、出だしの確認など、いわばウォーミングアップを行います。さあ練習開始だ、という意識づけにもなると思います。
個人的には単純コードだけでなく、テンションコードを加えたほうが勉強になる気がしますが。

10月26日(水)練習 (赤穂公民館)

練習ブログ担当 2nd広島です。

10月26日(水)の練習は谷口先生がお休みの為
メトロノームに合わせて1部の曲を主に練習しました。
フルートとの合わせを確認しながらの練習でしたがやはり
メトロノームだと拍に気を取られてしまい何となく演奏が固くなる
感じになりますね。

アンサンブルで気持ちよく弾きたくもなりましたが、そこは
この時期はダメだろうとグッと我慢。
曲全体はだいぶ仕上がって来たので、だんだんと細かい指示や曲調へ
指揮者の指示も移って来ています。

細かいニュアンスは言葉で伝えることが難しいので、出来るだけ
練習に参加して掴んで下さい。

あと、365日~はマンドリン系は8分音符を単音にしました。

これで低音系との遅れを防ぐことは出来ましたが、なるべく音は切らない
ようにとのことです。

今週末30日からはいよいよ日曜練習が始まります。
今年の練習日程はイレギュラーが結構あるので、しっかり確認お願いします。
自分も間違えないようにしないと・・・

それと、今さらですが10月9日に参加した高遠の依頼演奏の写真を付けます。
参加された方お疲れ様でした。弥生生も一緒に弾いてくれて有り難うございました。


DSC_0059

10月19日(水)練習 (赤穂公民館)

練習が具体的になってきました。

■無線電信
パート譜だけ見ているとつい二分で捉えがちですが、6/8(♪♪♪+♪♪♪)です。伴奏も含め、全員が「タタタ タタタ」と3音のリズムを感じながら弾かないとガチガチの行進曲になってしまいます。簡単そうに見えて奥が深い一曲!

■花束を君に
宇多田ヒカルの節回しを合奏でそのまま再現するの困難ですが、それでもかなりまとまってきました。
メトロノームで楽譜通り弾く練習を繰り返すことが大切、ってことです。

■真田丸
コンマスが加わるとやはり音がかわります。ツートップが揃い、一気に格調高くなりました。
今日は細かい音の確認よりも、いかにグルーブ感を出すかに注力し、楽曲イメージを指す言葉が先生からたくさん出されました。
擦弦楽器でないので原曲とまったく同じには出来ませんが、マンドリンならではの演奏もあるはずです。まだまだ先は長い!
でも、パーカスがどのように加わるのかも含め、これからが楽しみな1曲になってきました。

合奏練習が週二回になると、個人練の時間が取れなくなってきます。
気を引き締めていかないと!

 

image1 (2)

image1 (1)

image2

10月14日(金)練習 (かんてんぱぱくぬぎの杜)

image1 (1)

image2

image1 (2)

10月12日(水)練習 (赤穂公民館)

image1 (1)

 

image2

10月5日(水)練習 (赤穂公民館)

本日は台風の中の練習でした。練習中雨風が強まり、隙間風でカーテンが揺れるほどでした(~_~;)
本日は「真田丸」「花束を君に」「時間の宝箱」などをやりました。
「花束を君に」は弾く回数を重ねていくうちに大分よくなってきました。リズムが細かく難しい部分もありますが、なめらかに弾くのがポイントです。
「真田丸」はお客さんの中で曲のイメージができあがっているだろうということで、それをなるべく裏切らない演奏をする必要があります。。原曲のバイオリンに近づけるため、先生のアイディアで出だしの部分の1st2ndはすべて単音で弾いていたのを部分的にトレモロに変更となりました。バイオリンのイメージが強い曲にマンドリンで挑むというのは難しい部分もあるかもしれませんが、少しでも原曲に近い演奏がしたいですね。1曲目ですし緊張しそうですが(^_^;)
 
台風のため本日は早めに練習を切り上げました。最近は台風が多いですね(>_<)
2ndのHでした~

image1

image2

image1 (1)